Entries

下原橋撤去工事

昨晩、東名高速道路(仮称)綾瀬スマートICの
関連工事である下原橋撤去工事が行われた。
IC設置に伴い、減速車線や加速車線を設けるため、高速道路の幅が広がる。
そのため、高速道路に架かっている既存の下原橋の長さが不足することから、
既存の橋を撤去し、新しい橋を設置するようだ。
(仮称)綾瀬スマートICは、来年の春の完成を目標に進めている事業であり、
綾瀬市やこの地域一帯の将来を担う一大プロジェクトと言っても過言ではない。

この工事の目玉である日本最大級の1250tのクローラークレーン
DSC01005.jpg
街中の工事現場で見かけるクレーンは4.9t、16t、25tくらいなので、規模が桁違い。
無論、公道を走れないため、現地で部品を組み立てる必要がある。
ちなみに手前にあるトラッククレーンは550t級。
この550tクレーンもかなり大きいが、小さく見えてしまう。

展示ブース
DSC01040.jpg
工事の概要について、担当者が説明してくれました。
HPにもアップしてもらえると嬉しいのだが。

撤去工事の概要
DSC01044.jpg
1250tクレーンの作業半径は決まっているため、下原橋を綾瀬バス停まで移動させる必要がある。
その手段として、自走式台車が非常に役立ちます。この自走式台車が優れもの。

撤去工事の目玉シーンは3つ。
1つ目は、橋を持ち上げるシーン。
DSC01084.jpg
事前に橋を3つに分離し、ワイヤー等で固定している状態となっていました。
そのワイヤーを切断し、自走式台車を所定の場所に設置して橋を持ち上げます。

2つ目は、持ち上げた橋を綾瀬BSまで移動するシーン。
DSC01106.jpg
自走式台車の本領発揮です。
橋を持ち上げた状態で走行することが可能であり、
2台をシンクロ状態にし、リモートコントロールで運びます。

3つ目は、撤去した橋を1250tクローラークレーンで吊り上げるシーン。
DSC01136.jpg
こちらは写真の通り。
重さ350tの橋桁がクレーンで吊り上げます。
感動の瞬間です。

夜9時から始まり、朝5時50分に終了。
日本の大動脈であり、かつ交通量が一番集中する区間を通行止めにし、作業を行う。
作業する時間の倍、いやそれ以上の調整時間を費やし
万全な状態で、事故もなく、予定通りに工事を完了させる。
日本の技術の高さを実感しました。
提示されている工程表通りに作業は進み、素晴らしかったです。

まだまだ近場で新東名の工事など、
大規模工事が行われているので、
機会があれば、見学に行こう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hiro804123.blog.fc2.com/tb.php/1304-d0fb3239

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

まる

Author:まる
アスリートへの道を模索する日々。

やる気アップ