Entries

先輩

後輩を育てるのに必要なものは叱咤激励ではない。後輩は頑張っている先輩の背中を見て、成長するものだ。だから、先輩は後輩以上に頑張らなければならない。夢を抱き、自転車を始めた学生、若者に対して、先輩が過去の栄光を語っても意味がない。一緒に走り、強さを見せることに意味がある。学生には、自転車を通じていろんなことを学び、人間として成長してほしいと思う。一生懸命に頑張ることで、見える世界がある。それは今以上...

クロスバイク通勤03

クロスバイクに乗るのが飽きてきた。フラットペダルしんどい。引き足が使えないのはきつい。シートポストのサスペンション機能。座るとサドルが沈む。サドル高を合わせられない。改造するか、それともロードにするか。きっと後者が正しい選択。...

石川ロード

レースはGWのもてぎエンデューロ以来。ロードバイクに乗るのも、もてぎ以来・・・。完走できればいいな。っと思った。思ったけど、現実は甘くないから頑張った。何度か足を攣ったけど、補給で冷たい水をもらい生き返った。最後の上りで遅れてしまったのは気持ちが切れたから。完走できることに満足しちゃったみたい。きっと気持ちを切らさずにいたら、もう少し頑張れたかな。まぁ次の機会に頑張れば良いね。レース後の達成感は日常...

可能性

自分の可能性を生かすも殺すも自分次第だ。可能性というのは無限大に広がっている。自分の可能性を自分が信じないで誰が信じてくれるだろうか。何をするにも、自分が納得するまで追求できるかによって人生が大きく変わる。そして可能性が広がっていく。ただ、環境によっては可能性を広がることが難しくなることもある。社会人になって5年が過ぎ、いろんなことを思う。日曜日は久々のレース。日ごろの通勤の成果を発揮しよう。...

停滞

休日を迎えるたびに憂鬱になる。自転車に乗るか、自転車に乗らないか。そんな葛藤が今でも続いているからだ。結局、やる気がない時は乗らないという選択をする。(している。)だからいって、他で何か一生懸命取り組んでいることがあるわけではない。何もやらずに休日が過ぎ去る。1時間でも良いから乗れば良かったと日曜日の夜に思う。また明日から1週間が始まる。平日は休日以上に憂鬱だ。そんな繰り返しを数か月続けてしまった...

クロスバイク通勤02

クロスバイク通勤をして4週目を迎えた。朝夕のそれぞれ50分。1日100分の自転車通勤。体だけでなく、心にも効果があるようだ。昔は、家に帰ってからトレーニングをしていたので時間に追われる日々だった。通勤時間に体を動かせるのは時間的にも身体的にも効率が良いと思う。朝は安全第一で走って、帰りは少し強度を上げてみる。強度を上げられるようになると嬉しく感じる。そう思いっきり苦しむって楽しいことだと思う。運動して...

Appendix

プロフィール

まる

Author:まる
アスリートへの道を模索する日々。

やる気アップ