Entries

2014年9月30日

昨日は、帰りがけに病院に寄り、抜糸してもらった。順調に回復しているみたい。昨日は疲労困憊だったので、休養日。今日は6時20分に起床。帰宅後、トレーニング。外練:50分 23km 強度:3のんびりサイクリング。L1~L2程度でぐるりと近所を走った。疲れを溜めないテクニックを磨こうと思う。メリハリを大切にしよう。...

2014年9月28日

今日は7時30分に起床。残念ながら南魚沼はDNS。正直、今は休養が欲しかったので良かったのかもしれない。疲れが蓄積されているようで、自転車に乗りたくない気分。ただ、外は気持ちよさそうな秋晴れ。外練:50㎞ 2時間 強度:7背中を押してもらいトレーニングへ。それにしても北東の風が強い。強風の中、平坦路を走るのは苦痛なので、宮ヶ瀬へ。基本的にはL2~L3で進み、土山峠はL4~L5の領域。ケイデンス重視で100回転前後で...

2014年9月27日

今日は8時30分に起床。ちゃんと起きれず、グダグダ。建築現場に行くと、とうとう階段が出来上がっていた!午後は家族と横浜へ。帰りに大和駅近くにある持ち帰り専門の海鮮丼を買って帰宅。1つ500円+税という安さ。2つ食べれば大満足!帰宅後、トレーニング。室内トレーニング:30分 強度:4L1~L5という指標で評価することが多いらしいので、その指標を用いてトレーニング強度を書き留めようと思う。L1 : 50 ~ 60%・・・...

2014年9月26日

今日も6時20分に起床。帰宅後、トレーニング。室内トレーニング:25分 強度:8今日は3分×3本。レストは1分と少し長めにして、集中する。1本目は80%程度の力。2本目は90%程度の力。3本目は90%~限界突破しておしまい。イメージは最後のアタックに千切れない。広島の時と同じイメージ、強度はそれ以上。徐々に追い込める体になってきた。あとはしっかりと休養もすることだ。...

2014年9月25日

今日は6時20分に起床。帰宅後、トレーニング。室内トレーニング:25分 強度:6今日は5分1本。限界まで追い込んだ。自分自身に打ち勝つためにはこれが一番効果的。10分かけてクールダウンして、おしまい。...

2014年9月24日

今日は6時20分に起床。起きているのか寝ているのか・・・平日と休日の気持ちの差が大きい。苦しみの上に幸せがあるのであれば、幸せなんていらないから、苦しみを無くしてほしいって思うことがある。今の自分は苦しみに立ち向かうだけの気力がない。だから幸せを得る権利がないと思う。自分の無気力さには嫌気が差す。ただ、どうすることもできなくなっている。どうすれば、無気力から脱出できるのだろうか。・・・・・・・・・・...

2014年9月23日

今日は昼頃に起床。連日の疲労が蓄積されたようで、全くと言っていいほどに体を動かすことができなかった。もはや1日中寝たきり状態。本日とばかりは「怠け」ではないと感じた。想像以上に疲れていたようだ。1週間くらい前から、左目下の筋肉がピクピク痙攣している。ちょっと嫌な感じ。・・・・・・・・・・広島を日帰りとか笑っちゃう話。空港の周囲を走って帰るというのも笑っちゃう話。行き帰りの飛行機の添乗員さんが同じだ...

JBCF経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ

最終コーナで落車してしまった。結果は得られなかったけど、満足のいく走りができたことが嬉しかった。自分に負けずに走り抜くことができた。それが何よりも嬉しい結果だった。JBCF経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ:20位今回は自分のために走ることを優先した。最初は後方スタートで集団の様子見。ただ、下りで中切れが何度か発生していたので、先頭へ移動。2周目、岩佐さんが宣言通りのアタック。岩佐さんが逃げている間...

2014年9月18日

今日は6時25分に起床。少し2度寝してしまった。帰宅後、トレーニング。外練:1時間10分 35㎞ 強度:6今日も上溝方面へ。行きは若干の登りと向かい風なので、のんびりくるくると。帰りは若干の下りと追い風なので、頑張る。相模川沿いは、集団走行?246から頑張って追い込んでいく。徐々に強度を上げておしまい。くるくる脚が回っているので調子は良いみたい。土曜日は朝一の便で広島へ。頑張ろう。...

2014年9月17日

今日も6時20分に起床。ちゃんと起きて、お弁当を作っている自分はなんだろう。身支度して、いつもの電車に乗っている自分はなんだろう。逃げずに立ち向かおうとしている自分は頑張ろうとしている証なんだろうか。帰宅後、トレーニング。外練:1時間5分 34km 強度:5今日は北方面へサイクリング。上溝まで北上し、相模川沿いの道を走って246で帰宅。The 命がけコース。いつもよりギアを2枚軽くしてクルクル走った。踏むペ...

Appendix

プロフィール

まる

Author:まる
アスリートへの道を模索する日々。

やる気アップ